AC・HSP 孤独感を感じやすい人は、○○を勘違いしている!?

 

 

 

 

 

相手に隅々までわかって欲しい。。。
孤独感を感じる。。。
わかり合える友達がいない。。。

 

親しい人間関係が上手く築けず、
淋しさを感じているあなたは、

 

どうしたら身近な人間関係を
上手く築けるようになるのでしょう?

 

 

。。。

 

 

 

 

 

 

 

あなたがHSPだとしたら、
人間関係を広く浅くよりも

 

一人の人と深い関係を築きたいところがあります。

 

 

なので、
友達がいないとか、少ないと言う人が、
とても多いです。

 

 

これ自体は、良いとか悪いとかの問題ではありません。

 

 

ただ、

 

 

この気質が、生きづらさを
増幅させてしまっていることがあります。

 

 

 

例えば、 

 

夫婦や彼氏彼女、親子、親しい友達など、
そういう身近な関係において、

 

 

相手の感じていること思っていることを
全部理解していないと気が済まなかったり、

 

 

自分に起こった出来事から始まり、
感じていること、感覚に至るまで
全てを理解してもらおうとしたりします。

 

 

あなたの中では、
もともと気質としてもっているものでもあるし、

 

 

それに加え幼少期の体験から、
身近な人との関係は「そういうものだ」と
思い込んでいるのかもしれませんが、

 

 

これがあなたの中で、
不安や孤独を感じる原因の一つでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、何でも話せる関係というのは
とても心強いものですよね。

 

しかもあなたは、人の話を聞いて、
その人の感情や感覚を受け取ることができるので、

 

あなたを何でも話せる相手にする人は
とても幸運です。

 

 

ところが、

 

 

あなたはそういう人であっても、
相手は必ずしも、そうではないということです。

 

 

ある部分では話が合って共感してもらえるけど、
ある部分の価値観は違っていて
否定されることもあります。

 

 

また、

 

 

こちらが相手の気持ちに共感したくて
深く聞こうとしても、

 

相手は詮索されてる感覚になっているかもしれません。

 

 

あなたが何もかも話すことで、
相手は重たさを感じているかもしれません。

 

 

そして、

 

そういう相手の感覚をも受け取ってしまうあなたは、
不安と孤独を感じることになってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

はじめにも言いましたが、
人と深い関係を築くことは、悪いことではありません。

 

深い関係の捉え方や
気質の活かしどころが違っていると
「生きづらさ」になってしまうということです。

 

 

深い関係とは、

 

表面上の出来事や、
コロコロ変わる思考や感情を
一部始終、理解してもらうことではなく、

 

 

お互いに寄り添おうとする
姿勢や想いがあるかどうか?

 

そこが大事なのではないかと思うのです。

 

 

また、

一人の相手に何もかもを任せるのではなく、

 

この話はこの人に。。。
この話題はこの人と。。。
これはこの人と共感できるな。。。

 

など、

 

あなたの繊細な感覚を活かして、
いろいろな人に分散させていきましょう。

 

 

そうすると、
部分的に共感しあえる人が周りに増え、

 

 

気がつけば、あなたの安心できる場所が
そこここに創られているのです。

 

 

 

 

 

 

 

相手の隅々まで知っていたい。。。
孤独感を感じる。。。
わかり合える友達がいない。。。
そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓