AC・HSP HSPのあなたは共依存関係になりやすい!?

 

 

 

 

 

人の期待に応えようとする。。。
自分の意見が言えない。。。
人の要求を断れない。。。

 

このようなあなたは
攻撃的な人やワガママな人が常に近くにいて
人間関係が苦しいと感じていることでしょう。

 

 

それは、

 


アダルトチルドレンの環境により
そのように振る舞うようなくせが
身に付いてしまったのもあるでしょう。

 

 

その他には、

 

もともとの気質が、
繊細で敏感なHSPの要素があり、

 

それに加え育った環境で、
さらにその要素が強められたと考えられます。

 

 

 

なぜなら。。。

 

 

 

 

 

 

HSPのあなたは、
もともと共依存的な要素を
持っているからです。

 

 

どういうことかと言いますと、

 

HSPのあなたは、
繊細で敏感な感覚の持ち主なので、

 


人の気持ちや感情を受け取りやすく
共感力があります。

 

 

そのため、

 

人の気持ちが分かってしまう分、
自分の言いたいことを抑えてしまったり、

 

相手が気づくよりも早く気づき
相手の分まで何でもやってしまったりするのです。

 

また、平和主義で、問題解決能力があるため、
不安や不快なものに目が向きやすく、

 

機嫌の悪い人がいれば、
自分がなんとかしなきゃと思ったり、

 

自己主張の強い人や
感情を荒立てる人がいると、

 

平穏を保つために
言うことを聞いてしまったりするのです。

 

 

それに加え、

 

育った環境で取り込んだ思い込みや
人を基準(人様優先)にした考え方などが、

 

さらに自分に表現することをさせず、

 

人の言いなりになり振り回されたり、
自分のことがわからなくなったりしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

なので、HSPのあなたは共依存関係になりやすいと言えます。

 

それが、

 

気質による要素なのか、
人への依存だけなのかを
見分けるポイントとしては、

 

 

「一人でいる時間」にあります。

 

 

HSPだとしたら

 

一人の時間が必要だったり、
一人の時間も楽しめたり

 

しますが、

 

依存の場合は

 

一人の時間が居ても立っても居られない
誰かがいないと不安で仕方がない

 

という状態ですね。

 

 

両方あるというあなたもいると思いますが、

 

 

克服の仕方としては、
どちらにしても同じなので

安心してくださいね。

 

 

 

 

 

今後、克服に向けては、

 

 

今まで人に向けていた意識を
あなた自身に向けていく必要があります。

 

 

あなたがHSPなら、
もともと繊細で敏感なため、

 

一度自分に意識が向くと、
自分に気づき始める速度も速いです。

 

 

そこにプラスして、

 

HSPの要素が、
どの部分に強く作用し

 

苦しみのパターンを作っていたのかを分かり、

 

今後は、その要素を

 

どのように使えばあなたが望む方向に行けるのか?

 

そこを考えていきましょう。

 

 

 

そこを考えることが、
あなたの才能に気づいていくことになります。

 

 

子供の頃から今まで、
苦しむ要素でしかなかった気質を

 

 

これからは、
あなたを活かす最高のツールとして、
上手に使っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

人の期待に応えようとする。。。
自分の意見が言えない。。。
人の要求を断れない。。。
そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓
毎月限定5名様 お試しカウンセリング受付中(特別価格+特典付き)